S・P・ハービソン3世とG・L・スティール・ジュニアのCリファレンスマニュアル 第5版

先頭へ戻る

レベル 中級~
5段階評価 ★★★★★
出版日 2008年10月
ISBN 978-4434204548

最強と名高い、C言語のリファレンスマニュアル。

C89 から C99 までの標準規格に沿って、C言語を詳細に解説しています。 また、規格化されるより前の古いコンパイラでの事情にも触れているので、 古いC言語のコードを保守しなければならない人にとっても有益な内容になっています。
C++ との互換性についても触れられていますが、この当時の C++ の規格はすでに古いものなので、 あまり問題無いとは思いますが、一応、ご注意下さい。

標準ライブラリについても網羅されており、簡潔ではありますが、 使い方や、処理系依存、未定義動作といった部分にはきちんと触れています。 ただし、「新ANSI C言語辞典」と比べると、 標準ライブラリ関数の実装例については弱いと言えそうです。

本書と直接的な関係はありませんが、 C11規格についての情報が必要ならば、 「Cクリックリファレンス 第2版」を参照するのが良いでしょう。

関連書籍

更新履歴

'2018/4/10 「関連書籍」を追加。

'2017/7/11 新規作成。





C言語の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー