C言語編 標準ライブラリのリファレンス CHAR_MAX

先頭へ戻る

CHAR_MAX

概要 char型の最大値を表す。
ヘッダ limits.h
形式 #define CHAR_MAX SCHAR_MAX
または
#define CHAR_MAX UCHAR_MAX
置換結果 char型で表現可能な最大値。
詳細 char型の符号の有無は環境依存である。符号付きであれば置換結果は SCHAR_MAX に、符号無しであれば UCHAR_MAX に等しい。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <limits.h>

int main(void)
{
    if( CHAR_MAX == SCHAR_MAX ){
        puts( "char型は符号付き" );
    }
    else{
        puts( "char型は符号なし" );
    }

    return 0;
}

実行結果:

char型は符号付き
関連 char型の最小値は CHAR_MIN で表される。
解説章 第20章


参考リンク

更新履歴

'2018/2/22 表記を統一(符号あり整数 -> 符号付き整数)

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS