RSIZE_MAX | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス RSIZE_MAX

先頭へ戻る

RSIZE_MAX

概要 rsize_t型の最大値を表す。
ヘッダ stdint.h
形式 #define RSIZE_MAX (SIZE_MAX >> 1)
置換結果 rsize_t型の引数に対して指定することができる最大値。置換結果の型は size_t型である。
詳細 rsize_t型の引数に対して指定することができる最大値を表す。
置換結果はコンパイラによって異なるが、型としては size_t型であるから、size_t型で扱える範囲内の値である。
このマクロは、rsize_t型が定義される処理系でのみ定義される。
注意
使用例
#define __STDC_WANT_LIB_EXT1__ 1
#include <stdio.h>
#include <stdint.h>

#if defined(_MSC_VER)
#include <limits.h>  // VisualStudio では RSIZE_MAX がここにある
#endif

int main(void)
{
    printf("%zu\n", RSIZE_MAX);

    return 0;
}

実行結果:

2147483647
関連
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/27 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS