WEOF | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス WEOF

先頭へ戻る

WEOF

概要 ファイルの終わりを表す。
ヘッダ wchar.h
形式 #define WEOF -1
置換結果 wint_t型の値。
詳細 ファイルの終わり (End Of File) を表す。
ファイルからの読み取り時、これ以上データを読み取れないことを表すために、幾つかの標準ライブラリ関数が返す。あるいは、エラーを意味していることもある。
注意 WEOF の値を表現できる保証があるのは wint_t型であって、wchar_t型ではない。
EOF とは異なり、置換結果は負数であるとは限らないし、EOF と同じ値であるとも限らない。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <wchar.h>

int main(void)
{
    FILE* fp;
    wint_t c;

    fp = fopen( "test.txt", "r" );
    if( fp == NULL ){
        fputs( "ファイルオープンに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    while( 1 ){
        c = fgetwc( fp );
        if( c == WEOF ){
            break;
        }
        putwchar( c );
    }

    if( fclose( fp ) == EOF ){
        fputs( "ファイルクローズに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    return 0;
}

入力ファイル(test.txt)

あいうえお

実行結果(標準出力)

あいうえお
関連 マルチバイト文字版として EOFマクロが存在する。
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/20 全体的に文章を見直し修正。
EOFマクロの値と一致する保証がないことについて、wchar_t型との関係性について追記。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS