C言語編 標準ライブラリのリファレンス _Exit

先頭へ戻る

_Exit関数

概要 プログラムを正常終了させる。
ヘッダ stdlib.h
形式 void _Exit(int status);
引数 status 終了の意味合いを示す値。0 あるいは EXIT_SUCCESS は成功終了を表す。EXIT_FAILURE は失敗終了を表す。これら以外の値を返した場合の動作は、処理系定義。
戻り値 なし(呼び出し元に戻ることがない)
詳細 プログラムを正常終了させる。制御がプログラムの実行環境へ戻されるが、その際に何らかの結果を処理系定義の形で返す。
exit関数と違い、atexit関数で登録されていた関数を呼び出さない。また、signal関数で登録されたシグナルハンドラがあったとしても呼び出さない。
オープンされていた出力ストリームをフラッシュするかどうか、ストリームをクローズするかどうか、tmpfile関数が生成していた一時ファイルを削除するかどうかについては、いずれも処理系定義である。
注意 引数に EXIT_FAILURE を指定した失敗終了と、abort関数による異常終了とでは意味が異なる。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

void onExit(void)
{
    puts( "onExit" );
}

int main(void)
{
    puts( "aaaaa" );

    atexit( onExit );
    _Exit( EXIT_SUCCESS );

    puts( "bbbbb" );

    return 0;
}

実行結果:

aaaaa
関連 古い規格から、正常終了には exit関数が使われてきた。
プログラムを終了させる関数としてほかに、異常終了を表す abort関数がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/24 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS