C言語編 標準ライブラリのリファレンス __STDC_HOSTED__

先頭へ戻る

__STDC_HOSTED__

概要 ホスト処理系かどうか。
ヘッダ なし(事前定義マクロである)
形式
置換結果 規格に合致したホスト処理系であれば 1 に、そうでなければ 0 に置換される。
詳細 ホスト処理系とは、プログラムの実行が OS の支援によって行われる環境で、C言語の規格に存在するすべての機能が使用できる。フリースタンディング処理系の場合には、OS の支援無しでプログラムが実行され、C言語の規格に存在する機能の一部しか使用できない。
注意
使用例
#include <stdio.h>

int main(void)
{
#ifdef __STDC_HOSTED__
    printf("__STDC_HOSTED__ == %d\n", __STDC_HOSTED__);
#else
    puts("__STDC_HOSTED__ は定義されていません。");
#endif

    return 0;
}

実行結果 (VisualStudio):

__STDC_HOSTED__ == 1

実行結果 (clang):

__STDC_HOSTED__ == 1
関連
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/5 VisualStudio 2013 の対応終了。

'2018/4/3 置換結果を修正。0 に置換されるケースについて、余計な想定を加えた記述を改めた。

'2018/4/2 「VisualC++」という表現を「VisualStudio」に統一。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS