C言語編 標準ライブラリのリファレンス atan2l

先頭へ戻る

atan2l関数

概要 y/x の逆正接の主値を求める。
ヘッダ math.h
形式 long double atan2l(long double y, long double x);
引数 y 正接の分子。
x 正接の分母。
戻り値 引数y / 引数x の逆正接の主値。
詳細 結果は、-π~π の範囲のラジアン値になる。 引数x、y の符号に応じて象限が決定される。
注意 引数x、y がいずれも 0 の場合、定義域エラーになる。
使用例
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void)
{
    long double x, y;
    int i, j;

    x = -1.0L;
    for( i = 0; i < 5; ++i ){

        y = -1.0L;
        for( j = 0; j < 5; ++j ){
            printf( "atan2(%4.1Lf, %4.1Lf) == %Lf\n", y, x, atan2l(y, x) );
            y += 0.5L;
        }

        x += 0.5L;
    }

    return 0;
}

実行結果:

atan2(-1.0, -1.0) == -2.356194
atan2(-0.5, -1.0) == -2.677945
atan2( 0.0, -1.0) == 3.141593
atan2( 0.5, -1.0) == 2.677945
atan2( 1.0, -1.0) == 2.356194
atan2(-1.0, -0.5) == -2.034444
atan2(-0.5, -0.5) == -2.356194
atan2( 0.0, -0.5) == 3.141593
atan2( 0.5, -0.5) == 2.356194
atan2( 1.0, -0.5) == 2.034444
atan2(-1.0,  0.0) == -1.570796
atan2(-0.5,  0.0) == -1.570796
atan2( 0.0,  0.0) == 0.000000
atan2( 0.5,  0.0) == 1.570796
atan2( 1.0,  0.0) == 1.570796
atan2(-1.0,  0.5) == -1.107149
atan2(-0.5,  0.5) == -0.785398
atan2( 0.0,  0.5) == 0.000000
atan2( 0.5,  0.5) == 0.785398
atan2( 1.0,  0.5) == 1.107149
atan2(-1.0,  1.0) == -0.785398
atan2(-0.5,  1.0) == -0.463648
atan2( 0.0,  1.0) == 0.000000
atan2( 0.5,  1.0) == 0.463648
atan2( 1.0,  1.0) == 0.785398
関連 float型版の atan2f関数、double型版の atan2関数がある。
単一の値から逆正接を求める atanl関数がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS