C言語編 標準ライブラリのリファレンス atoll

先頭へ戻る

atoll関数

概要 文字列を long long int型に変換する。
ヘッダ stdlib.h
形式 long long int atoll(const char* str);
引数 str 変換対象の文字列。
戻り値 変換結果。ただし、結果が表現不可能な場合は未定義。
詳細 引数str が指す文字列を先頭から調べ、整数として認識可能な部分を、long long int型に変換して返す。先頭部分にある空白文字については無視される。
注意 変換不可能な場合の結果が未定義なので、エラーが起こりうるような使い方はしてはならない。 そのような事情があるため、strtoll関数を使う方が良い。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    printf( "%lld\n", atoll("12345abc") );

    return 0;
}

実行結果:

12345
関連 int型に変換する atoi関数、long型に変換する atol関数、double型に変換する atof関数がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/4 表現を見直した。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS