C言語編 標準ライブラリのリファレンス getc

先頭へ戻る

getc関数

概要 入力ストリームから1文字受け取る。
ヘッダ stdio.h
形式 int getc(FILE* stream);
引数 stream 入力ストリーム。
戻り値 成功時は入力された文字が返される。読み取りエラーの発生時や、ファイル終了指示子がセットされていた場合は EOF が返される。
詳細 fgetc関数と等価であるが、こちらはマクロで実装されている可能性がある。
文字は unsigned char型として読み取られ、int型にキャストした状態で返される。
ファイルの終わりに達していた場合、ファイル終了指示子がセットされる(あるいはすでにセットされているだろう)。読み取りエラーが発生した場合、エラー指示子がセットされる。
戻り値が EOF になるケースは2つあるので、ファイルの終わりに達していたのか、エラーが発生したのかを区別するために、feof関数ferror関数を併用しなければならない。
引数に stdin を指定することで、標準入力から受け取ることも可能である。
注意 マクロとして実装されている可能性があるため、使い方に注意すること。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    FILE* fp;
    int c;
    
    fp = fopen( "test.txt", "r" );
    if( fp == NULL ){
        fputs( "ファイルオープンに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }
    
    c = getc( fp );
    if( c == EOF ){
        if( feof(fp) ){
            /* ファイルの終わり */
        }
        else if( ferror(fp) ){
            /* エラー */
        }
        else {
            /* 何もしない */
        }
    }
    printf( "%c\n", c );
    
    if( fclose( fp ) == EOF ){
        fputs( "ファイルクローズに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }
    
    return 0;
}

入力ファイル(test.txt)

123
456
789

実行結果(標準出力)

1
関連 標準入力に特化した getchar関数がある。
名称からして、文字列版は gets関数のように思えるが、標準出力に特化しているなど、異なる要素が多い。文字列版は、fgets関数の方であると考えられる。
この関数と等価な fgetc関数がある。ただし、fgetc関数は必ず関数として実装されている。
ワイド文字版の getwc関数がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/22 解説中で C95 を(C89 に対して)特別扱いしないように修正。そもそもC言語編は C95ベースなので、余計な説明は省く。

'2018/4/9 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS