C言語編 標準ライブラリのリファレンス getwchar

先頭へ戻る

getwchar関数

概要 標準入力から、ワイド文字を1文字受け取る。
ヘッダ stdio.hwchar.h
形式 wint_t getwchar(void);
引数 なし
戻り値 成功時は入力されたワイド文字が返される。読み取りエラーや表現形式エラーの発生時や、ファイル終了指示子がセットされていた場合は WEOF が返される。
詳細 標準入力専用であることを除いて、getwc関数と同じである。
文字は wchar_t型として読み取られ、wint_t型にキャストした状態で返される。
ファイルの終わりに達していた場合、ファイル終了指示子がセットされる(あるいはすでにセットされているだろう)。読み取りエラーが発生した場合、エラー指示子がセットされる。表現形式エラーが発生した場合は、errnoEILSEQ が格納される。
戻り値が WEOF になるケースは3つあるので、必要に応じて区別を付けなければならない。ファイルの終わりに達したかどうかは feof関数で、読み取りエラーの発生は ferror関数で判定できる。errno を使うのは、表現形式エラーの発生の場合だけである。
引数に stdin を指定することで、標準入力から受け取ることも可能である。
注意 マクロとして実装されている可能性があるため、使い方に注意すること。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <wchar.h>

int main(void)
{
	wint_t c;

    puts( "文字を入力して下さい。'q' を入力すると終了します。" );

    for( ;; ){
        c = getwchar();
        if( c == WEOF ){
            if( feof(stdin) ){
                break;
            }
            else if( ferror(stdin) ){
                fputs( "読み込み中にエラーが発生しました。\n", stderr );
                exit( EXIT_FAILURE );
            }
            else {
                /* 何もしない */
            }
        }
        else if( c == L'q' ){
            break;
        }
        putwchar( c );
    }

    return 0;
}

実行結果:

文字を入力して下さい。'q' を入力すると終了します。
a
a
b
b
abc
abc
q
関連 getwc関数は、同じ処理を行うが、対象の入力ストリームを指定できる。また、fgetwc関数は、必ず関数として実装されている。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/9 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS