localeconv | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス localeconv

先頭へ戻る

localeconv関数

概要 数値や通貨の書式化に関する情報を取得する。
ヘッダ locale.h
形式 struct lconv* localeconv(void);
引数 なし
戻り値 現在のロケールにおける数値や通貨の書式化に関する情報を保持した lconv構造体へのポインタ。
詳細
注意 返されたポインタが指す lconv構造体のメンバは書き換えてはならない。また、次回の localeconv関数の呼び出しによって、メンバの値は書き換えられる可能性がある。
使用例
#include <stdio.h>
#include <locale.h>

static void PrintRealNum(int integer, int fraction, int fract_part);

int main(void)
{
    puts( setlocale( LC_NUMERIC, "" ) );
    PrintRealNum( 10, 25, 3 );

#if defined(_MSC_VER)
    puts( setlocale( LC_NUMERIC, "spanish" ) );
#elif defined(__clang__)
    puts( setlocale( LC_NUMERIC, "es_ES" ) );
#endif
    PrintRealNum( 10, 25, 3 );

    return 0;
}

void PrintRealNum(int integer, int fraction, int fract_part)
{
    const char* decimal_point = localeconv()->decimal_point;
    if( decimal_point[0] == '\0' ){
        decimal_point = ".";
    }

    printf(
        "%d%s%0*d\n",
        integer,
        decimal_point,
        fract_part,
        fraction
    );
}

実行結果 (VisualStudio):

Japanese_Japan.932
10.025
Spanish_Spain.1252
10,025
関連 返却されるポインタが指す型である lconv構造体の内容は、setlocale関数による、LC_ALLLC_MONETARYLC_NUMERIC カテゴリの変更によって影響を受ける。
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/2 「VisualC++」という表現を「VisualStudio」に統一。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS