C言語編 標準ライブラリのリファレンス memset

先頭へ戻る

memset関数

概要 あるメモリアドレスを起点に、一定の範囲内へ特定の文字を書き込む。
ヘッダ string.h
形式 void* memset(void* s, int c, size_t size);
引数 s 書き込み先の先頭のメモリアドレス。
c 書き込む文字。
size 書き込む文字数。
戻り値 s が返される。
詳細 指定範囲内の各文字へ、引数c の値を unsigned char型に変換したものが書き込まれる。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <string.h>

int main(void)
{
    char s1[] = "abcdefg";

    printf( "%s\n", memset( s1, 'x', 5 ) );

    return 0;
}

実行結果:

xxxxxfg
関連 ワイド文字とみなして同様の処理を行う wmemset関数がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/22 解説中で C95 を(C89 に対して)特別扱いしないように修正。そもそもC言語編は C95ベースなので、余計な説明は省く。

'2018/4/11 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS