C言語編 標準ライブラリのリファレンス puts

先頭へ戻る

puts関数

概要 標準出力へ文字列を出力する。
ヘッダ stdio.h
形式 int puts(const char* s);
引数 s 出力する文字列。
戻り値 エラー発生時には EOF を返し、正常終了時には負数でない値を返す。
詳細 引数s に指定した文字列を出力した後、更に改行文字を出力する。
注意
使用例
#include <stdio.h>

int main(void)
{
    puts( "Hello, World" );

    return 0;
}

実行結果:

Hello, World
関連 任意のストリームに対して出力するには、fputs関数を使う。
ワイド文字版として、putws関数という名前のものは存在しない。fputws関数 で、stdout へ出力させることはできるが、改行文字が付加されないという違いがあり、単純な置き換えはできない。有効な代替策としては、wprintf関数を使い、手動で "\n" を付加する方法がある。
解説章 第2章


参考リンク

更新履歴

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS