raise | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス raise

先頭へ戻る

raise関数

概要 シグナルを発生させる。
ヘッダ signal.h
形式 int raise(int sig);
引数 sig シグナル番号。
戻り値 成功したときは 0、失敗したときは 0以外を返す。
詳細 引数sig で指定するシグナルを発生させる。この値は、標準で定義された以下の6個か、処理系が独自に定義する値のいずれかである。
意味
SIGABRT abort関数の呼び出しによって起こる異常終了。
SIGFPE ゼロ除算のような、誤った算術演算。
SIGILL コンピュータの不正命令によって起こるエラー。
SIGINT Ctrl+C の入力のような、ユーザーとの対話によって起こるシグナル。
SIGSEGV メモリの不正アクセス。
SIGTERM 別プログラムやユーザーからの終了シグナル。

発生したシグナルによって、シグナルハンドラが呼び出された場合、シグナルハンドラ内から戻るまで、raise関数から戻ることはない。

注意
使用例
#include <stdlib.h>
#include <signal.h>

void signal_handler(int signum)
{
    abort();
}

int main(void)
{
    signal( SIGILL, signal_handler );
    raise( SIGILL );

    return 0;
}

実行結果


	
関連 シグナル発生時の動作を、signal関数によって設定できる。
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/24 「使用例」を変更。

'2018/4/14 シグナルハンドラの実行を終えるまで制御が戻らない旨を追記。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS