system | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス system

先頭へ戻る

system関数

概要 コマンドプロセッサへ文字列を引き渡す。
ヘッダ stdlib.h
形式 int system(const char* s);
引数 s コマンドプロセッサへ渡す文字列。
ヌルポインタを指定した場合は、コマンドプロセッサが存在するかどうかを確認するという意味合いになる。
戻り値 引数s がヌルポインタでない場合には、処理系定義の意味を持った値を返す。
引数s がヌルポインタの場合には、コマンドプロセッサが存在すれば 0以外の値、存在しなければ 0 を返す。
詳細 文字列をコマンドプロセッサへ渡して実行させる。コマンドプロセッサが存在するかどうか、どのような機能を持っているかは、環境ごとに異なる。
注意
使用例 ※この例は、Windows環境でのもの。
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    if( system( NULL ) == 0 ){
        fputs( "コマンドプロセッサは存在しません。\n", stderr );
    }
    else{
        system( "copy /B test.txt test_copy.txt" );
    }

    return 0;
}

実行結果:

        1 個のファイルをコピーしました。
関連
解説章 第44章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/20 「NULL」という表記を「ヌルポインタ」に修正。

'2018/4/17 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS