C言語編 標準ライブラリのリファレンス time

先頭へ戻る

time関数

概要 現在のカレンダー時間を取得する。
ヘッダ time.h
形式 time_t time(time_t* t);
引数 t 現在のカレンダー時間を受け取るオブジェクトを指すポインタ。あるいはヌルポインタ。
ヌルポインタ以外を指定した場合に受け取る結果は、戻り値で返されるものと一致する。
戻り値 現在のカレンダー時間を、処理系の最良の近似で返す。
失敗すると -1 を time_t型にキャストした値が返される。
詳細 現在のカレンダー時間を、time_t型の値で表現したものを返す。
注意 カレンダー時間が、具体的にどのように表現されているかは規定されていない。
使用例
#include <stdio.h>
#include <time.h>

void process(void);

int main(void)
{
    time_t begin, end;

    begin = time( NULL );
    process();
    end = time( NULL );

    printf( "result: %f seconds\n", difftime(end, begin) ); 

    return 0;
}

void process(void)
{
    char buf[80];

    puts( "何か入力すると終了します。" );
    fgets( buf, sizeof(buf), stdin );
}

実行結果:

何か入力すると終了します。
abcde
result: 4.000000 seconds
関連 localtime関数で、カレンダー時間をローカル時間に変換できる。
2つのカレンダー時間の差分を difftime関数で計算できる。
gmtime関数を使うと、カレンダー時間から世界協定時(UTC) を生成できる。
解説章 第51章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/20 「NULL」という表記を「ヌルポインタ」に修正。

'2018/4/18 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS