C言語編 標準ライブラリのリファレンス va_end

先頭へ戻る

va_end

概要 可変個引数の処理を終えるときに呼び出す。
ヘッダ stdarg.h
形式 #define va_end(ap) ((ap)=(va_list)0)
引数 ap va_list型の変数。
戻り値 なし。
詳細 va_startva_copy を使用した関数が処理を終える際、正常に状態を復帰させる。
注意 va_startva_copy を呼び出したのであれば、可変個引数の処理を終えるときに、必ず呼び出さなければならない。
va_start や va_copy を呼び出していない状態で、va_end を呼び出したときは未定義の動作となる。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdarg.h>
#include <assert.h>

void print(const char* format, ...);

int main(void)
{
    print( "ddcd", 10, 20, 'x', 30 );
    print( "ss", "abc", "def" );
    print( "dfc", 50, 3.3f, 'Z' );

    return 0;
}

/*
    標準出力へ任意の個数・型の値を出力する
    引数:
        format:     変換指定子を並べたもの。以下のいずれかとする。
                        d … 符号付き整数型
                        f … 浮動小数点型
                        c … 文字型
                        s … 文字列型
                    とする。
                    例えば、"dds" と指定すると、
                    後続の実引数が 整数型, 整数型, 文字列型 の順番で並んでいるものと判断される。
        ...:        出力する値のリスト
*/
void print(const char* format, ...)
{
    const char* p;
    va_list args;

    va_start( args, format );

    for( p = format; *p != '\0'; ++p ){
        switch( *p ){
        case 'd':
            printf( "%d ", va_arg(args, int) );
            break;
        case 'f':
            printf( "%f ", va_arg(args, double) );
            break;
        case 'c':
            printf( "%c ", va_arg(args, char) );
            break;
        case 's':
            printf( "%s ", va_arg(args, const char*) );
            break;
        default:
            assert( !"不正な変換指定" );
            break;
        }
    }
    printf( "\n" );

    va_end( args );
}

実行結果

10 20 x 30
abc def
50 3.300000 Z
関連 va_startva_copy と対応関係を持っている。va_copy は C99 で追加された。
解説章 第52章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/19 全体的に文章を見直し修正。
「ヘッダ」が誤っていたのを修正。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS