STLによるコンポーネントデザイン

先頭へ戻る

レベル 中級
5段階評価 ★★★
出版日 2000年4月
ISBN 978-4756134226

STL の基本構成要素であるコンテナ、イテレータ、アルゴリズムの解説書。C++ が規格化された直後ぐらいの時代に書かれたものでかなり古いですが、丁寧に解説されていますし、カタログ的にまとまっているので、全体像を俯瞰できます。

中盤以降は、現実の問題のために STL をどう使えるかを示すサンプルが取り上げられています。 行列やグラフ構造の表現や、集合演算や外部ソートの実現方法などが示されています。

更新履歴

'2017/7/12 新規作成。





C++ の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー