C++ の設計と進化

先頭へ戻る

レベル 中級
5段階評価 ★★★★★
出版日 2005年1月
ISBN 978-4797328547

C++ の生みの親である Bjarne Stroustrup によって著された、C++ の歴史書です。C++ がなぜ、悪く言えば複雑で理解の難しいと揶揄される現在のような形になったのかを知ることができます。決して、設計者の思い付きや、適当な考えで作られたものでないことが分かります。

原著は 1994年に書かれているので、C++ はまだ規格化されていませんでした。 しかし、別段の違和感は無く読めると思います(歴史の部分は当然、見慣れないコード例も出てきますが)。

C++ の設計思想を知る上で、これ以上の参考資料はないと思いますが、 本書は C++ の機能解説やリファレンスのようなものではないので、C++ の使用経験は必須です。
言語の歴史や、言語設計といったものに興味が無い人にはしません。

更新履歴

'2017/7/12 新規作成。





C++ の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー