C言語編 標準ライブラリのリファレンス FOPEN_MAX

先頭へ戻る

FOPEN_MAX

概要 同時にオープンできるファイルの最大数を表す。
ヘッダ stdio.h
形式 #define FOPEN_MAX 20
置換結果 同時にオープンされた状態にできるファイル数の上限。環境によって大きく異なる可能性がある。
詳細 同時にオープンされた状態にできるファイル数の上限を表す。
この数値には、標準入力、標準出力、標準エラーのストリームの分も含まれている。また、最低でも 8以上であることが保証されている。
注意 置換結果が表す数値は、現在の環境における上限値である。そのため、同時に実行されている他のアプリケーションが、既に幾らかのファイルを使用している場合、この置換結果通りの個数のファイルが使えない可能性がある。
使用例
#include <stdio.h>

int main()
{
    FILE* fp[FOPEN_MAX];

    /* 省略 */

    return 0;
}
関連
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー