C言語編 標準ライブラリのリファレンス NDEBUG

先頭へ戻る

NDEBUG

概要 assertマクロの置換結果を制御する。
ヘッダ なし
形式 #define NDEBUG
置換結果 空とする
詳細 <assert.h> をインクルードするよりも前で、このマクロを定義することによって、assertマクロの置換結果に影響を与える。つまり、このマクロを定義することはプログラマの仕事である。
VisualStudio のような開発環境においては、Debugビルドや Releaseビルドの区別があり、これらの設定によって自動的に、定義が行われたり、無効化されたりすることがある。
注意
使用例
#define NDEBUG
#include <stdio.h>
#include <assert.h>

int main(void)
{
    assert( 0 );  /* 必ず停止する */
    puts( "NDEBUGテスト" );

    return 0;
}

実行結果:

NDEBUGテスト
関連
解説章 第30章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/11 「詳細」に、使い方と効果について補った。

'2018/4/2 「VisualC++」という表現を「VisualStudio」に統一。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー