C言語編 標準ライブラリのリファレンス stdin

先頭へ戻る

stdin

概要 標準入力ストリームに結びついた FILEオブジェクトへのポインタ。
ヘッダ stdio.h
形式 extern FILE __streams[FOPEN_MAX];
#define stdin &__streams[0];
置換結果 プログラム実行開始直後に、自動的にオープンされる標準入力ストリームを表しているFILEオブジェクトへのポインタ。
詳細 標準入力ストリームは、プログラム実行開始時に自動的にオープンされる。
一般的には、バッファリングされている。バッファリングについては、setbuf関数setvbuf関数で設定を変更できる可能性がある。
注意 単に、FILE型の変数を指しているだけの実装であれば、メンバを書き換えられるかもしれないが、そうするべきではない。ストリームを結びつける先を変更したければ、freopen関数を使うとよい。
使用例
#include <stdio.h>

int main(void)
{
    char buf[80];

    fgets( buf, sizeof(buf), stdin );
    fputs( buf, stdout );

    return 0;
}

実行結果:

abcde
abcde
関連 標準出力は stdout、標準エラーは stderr で表される。
解説章 第6章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/15 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー