C言語編 標準ライブラリのリファレンス time_t

先頭へ戻る

time_t

概要 整数値にコード化されたカレンダー時間(歴時間)の型。
ヘッダ time.h
形式 typedef long int time_t;
詳細 何らかの算術型である。大きさや符号の有無は、処理系によって異なる。
注意 どのような型であるかも、どのようなフォーマットで表現されているかも不明であるため、適当に作り出した値を time_t型として扱ったり、計算に使ったりしてはならない。例えば、2つの time_t型の値の差分を得たいときには、-演算子を使った通常の減算ではなく、difftime関数を使わなければならない。
使用例
#include <stdio.h>
#include <time.h>

int main(void)
{
    time_t t;

    time( &t );
    puts( ctime( &t ) );

    return 0;
}

実行結果

Mon May 01 11:25:03 2017
関連 現在のカレンダー時間を表す time_t型の値を time関数で取得できる。また、カレンダー時間の詳細な情報が格納された tm構造体の値があれば、gmtime関数を使って、time_t型の値を得られる。
ctime関数を使うと、time_t型の値を文字列形式に変換できる。
time_t型の値同士で差分を得るには、通常の減算ではなく、difftime関数を使わなければならない。
解説章 第51章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/18 全体的に文章を見直し修正。

'2018/2/22 「サイズ」という表記について表現を統一。 型のサイズ(バイト数)を表しているところは「大きさ」、要素数を表しているところは「要素数」。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー