C言語編 標準ライブラリのリファレンス uint_least32_t

先頭へ戻る

uint_least32_t

概要 少なくとも 32ビットの大きさを持つ符号無し整数型。
ヘッダ stdint.h
形式 typedef unsigned int uint_least32_t;
詳細 少なくとも 32ビット以上であることが保証された、符号無し整数型。
処理系が 32ビットちょうどの符号無し整数型を持つのであれば、それと同等のはずである。32ビットちょうどの符号無し整数型がない場合、32ビットより大きいが、可能な限り小さい型として定義される。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdint.h>

int main(void)
{
    printf( "%zu\n", sizeof(uint_least32_t) );

    return 0;
}

実行結果:

4
関連 同じシリーズに、uint8_least_t型uint16_least_t型uint64_least_t型がある。
また、符号付きの int8_least_t型int16_least_t型int32_least_t型int64_least_t型がある。
printf関数系の変換指定に使う文字列として、PRIuLEAST32 が、scanf関数系の変換指定に使う文字列として、SCNuLEAST32 の各マクロがある。
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/7/5 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー