VisualStudio - コマンドライン引数を指定して実行する

先頭へ戻る

この章の概要

この章の概要です。


コマンドライン引数を指定して実行する

VisualStudio上でプログラムを実行するときに、コマンドライン引数(C言語編第45章)を渡したい場合には、以下の手順を踏みます。

まず、プロジェクトのプロパティページを開いてください(開き方が不明な場合はこちらのページを参照)。

ウィンドウが開いたら、左側のリストから【デバッグ】を選択し、右側の【コマンド引数】の欄を入力します。

コマンドライン引数を設定する

複数のコマンドライン引数を指定する場合は、それぞれを半角スペースで区切るようにします。例えば、「123 xyz」のように書きます。半角スペースを含んだ文字列を指定したければ、「"123 xyz"」のように、文字列全体を "" で囲んでください。

「123 xyz > out.txt」のような、リダイレクト(C言語編第45章)の表記も可能です

入力を終えたら、【OK】を選択してウィンドウを閉じます。実行デバッグ実行を行うと、指定したコマンドライン引数が main関数に渡されます。


参考リンク



更新履歴

'2018/8/21 新規作成。



VisualStudio のトップページへ

資料集 のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー