VisualStudio - コンパイラオプションを設定する

先頭へ戻る

この章の概要

この章の概要です。


コンパイラオプションを設定する

コンパイラオプションは、コンパイルの方法に関する指示を与える設定です。

コンパイラオプションは、ソースファイルに対して設定するものです。ソースファイル1つ1つに別個で指定できるほか、プロジェクト全体に一括での指定もできます。

コンパイラオプションのうちのいくつかは、専用の設定項目が用意されています。例えば、警告レベルを指定するコンパイラオプションは、【警告レベル】という設定項目があるので、そこから指定できます。こういった専用の設定項目がない場合は、以下の方法で指定します。

単体のソースファイルに指定する場合は、以下のように指定します。

  1. ソリューションエクスプローラーから、対象のファイルを右クリックして、【プロパティ】を選択
  2. 左側のリストから、【構成プロパティ】>【C/C++】>【コマンドライン】を選択
  3. 右下の【追加のオプション】に、コンパイラオプションを入力する
  4. 【OK】をクリックして完了
コンパイラオプションを入力する

まとめて指定する場合は、以下のように指定します。表示される画面はほぼ同じものです。

  1. プロジェクトのプロパティを開く(方法はこちらのページ
  2. 左側のリストから、【構成プロパティ】>【C/C++】>【コマンドライン】を選択
  3. 右下の【追加のオプション】に、コンパイラオプションを入力する
  4. 【OK】をクリックして完了

何を入力すればよいかは、コンパイラオプションによって異なります。目的に合うコンパイラオプションの存在や使い方を、ドキュメントで調べるしかありません。


参考リンク



更新履歴

'2018/8/30 新規作成。



VisualStudio のトップページへ

資料集 のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


はてなブックマーク Pocket に保存 Twitter でツイート Twitter をフォロー
Facebook でシェア Google+ で共有 LINE で送る rss1.0 取得ボタン RSS
管理者情報 プライバシーポリシー