先頭へ戻る

VisualStudio - プロジェクトを作成する | Programming Place Plus

Programming Place Plus トップページ -- 資料集 -- VisualStudio

先頭へ戻る

この章の概要

この章の概要です。


プロジェクトを作成する

VisualStudio を使って、C言語や C++ を使ったプログラミングを行うには、まず、プロジェクトを作成する必要があります。

プロジェクトには、1つのプログラムを形成するために必要なファイル一式を含むことができます。例えば、ソースコードを記述するソースファイルを含みます。

プロジェクトの作成は VisualStudio を起動してから行います。

C言語や C++ のコンソールアプリ用のプロジェクトを作成する

ここでは、C言語や C++ で、テキストベースのプログラムを作成する場合の方法を取り上げます。当サイトのC言語編C++編Modern C++編アルゴリズムとデータ構造編で取り上げているプログラムは、いずれもこのタイプです。

まず、VisualStudio のメニューバーより、【ファイル】>【新規作成】>【プロジェクト】を選択します。

プロジェクトを作成する
プロジェクトを作成する

「新しいプロジェクト」というタイトルのウィンドウが表示されます。

コンソールアプリケーションのプロジェクトの新規作成画面
コンソールアプリケーションのプロジェクトの新規作成画面

この画面上で、以下のように操作を行います。

  1. 左端のリストから【インストール済み】>【Visual C++】を選択
  2. 右側のリストから、【空のプロジェクト】を選択
  3. 下にある【名前】の欄に、任意の名前を入力(作成するプロジェクトに付ける名前)
  4. その下にある【場所】の欄に、プロジェクトを作成する場所を入力。これは、右側の【参照】をクリックして選べる
  5. 右下の【OK】をクリックして完了

ここでは、右下の【ソリューションのディレクトリを作成】【ソース管理に追加】のチェックは、外した状態で説明を行うことにしますが、必要に応じてチェックを入れても構いません。

【完了】をクリックして、プロジェクトの作成完了です。指定した場所に、フォルダとファイルが一式作られ、VisualStudio はプロジェクトを読み込んだ状態になります。

作られたファイルの中で、拡張子が「.vcxproj」となっているものがプロジェクト(のファイル)です。今後は、このファイルをダブルクリックするなどして開けば、自動的に VisualStudio が起動します。

拡張子や、ファイルを開くアプリケーションを設定する方法について、「資料集 - Windows - 拡張子」のページで説明しています。


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2019/2/12 VisualStudio 2015 の対応終了。

'2018/8/15 新規作成。



VisualStudio のトップページへ

資料集 のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー