先頭へ戻る

『プログラミング言語C 第2版』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ -- 参考書籍 -- C言語

先頭へ戻る

レベル

中級者~上級者向け

5段階評価

★★★★

出版日

1989年6月

ISBN

978-4320026926

2人の著者の名前を取って「K&R」と呼ばれている、C言語の開発者が自ら書き上げたC言語のバイブルです。

ある程度の素養があれば、最高のマニュアルとなり得ますが、初心者にはしません。内容が小難しく、親切とは言い難く、かつ出版日から分かるとおり、時代遅れな部分も目立ちます(分かり易さを二の次にして、少しの効率を求めるような記述等)。この本は、どんなに早くても、他の入門書を1冊しっかり理解してから読むべきです。

特にはしませんが、副読本として「カーニハン&リッチー『プログラミング言語C』を読む」という本があります。 これは、一緒に「K&R」を読み解きましょうという主旨で、本書とセットで併読するようになっています。

一応、基礎部分から解説が始まっていますが、比較的ページ数の少ない中で、C言語のほとんど全機能を網羅しているため、1つ1つの解説は丁寧とは言えません。 ただし、C言語を深く学習するのであれば(特に仕事で使う人)、1度は目を通しておくべき本だとは思います。 実際、細かい仕様の確認や、巻末のリファレンスマニュアルは役に立つはずです。

なお、練習問題に解答はありませんが、 「プログラミング言語C 第2版 アンサーブック」という別の本が解答集となっています。 こちらはあまりはしません。

関連書籍

更新履歴

'2018/4/10 「関連書籍」を追加。

'2017/7/11 新規作成。


------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------

C言語の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー