先頭へ戻る

『C言語 ポインタ完全制覇』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ -- 参考書籍 -- C言語

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
C言語の最難関機能を解説する良書の新版
レベル
初級~上級
5段階評価
★★★★★
出版日
2017年12月
こういう人におすすめ
ポインタでC言語習得につまづいてしまった人。
実は自信をもってポインタを使えていないと感じている人。
ポインタは理解しているつもりだが、C99以降の変更点についてはよく知らないという人。
こういう本ではない
ISBN
978-4774193816

内容紹介

C言語の理解の最難関、ポインタの完全理解に向けた解説書。

2001年に発売された『C言語 ポインタ完全制覇』の新版です。軽く手直しされたという感じではなく、大幅に手を加えてあります。

2001年当時は、C99規格は登場したばかりでほとんど普及しておらず、旧版ではその状況に合わせて書かれていました。新版では、C89 を解説のベースにしているものの、C99/C11 に関する記述が増加しています。とくに、C99 には可変長配列、フレキシブル配列メンバなど、ポインタ(や配列)に絡む新機能があり、これらの説明はきちんと追加されています。旧版を持っていても、買い直すだけの意味は十分あります(今でもC言語と戦っているのならですが)。

ポインタの完全制覇というタイトルですが、ポインタそのものだけでなく、関係性が深い配列のことや、メモリに関する話題、動的なメモリ割り当て、理解しづらいポインタ関連文法の読み解き方など、ポインタに少しでも関わりがあれば徹底的に説明しています。結構な分量ではありますが、確かにこれ1冊で、ポインタの理解には十分(すぎるくらい)だと思います。

ポインタに関係すること以外については理解がある前提で書いてあるので、一般的な入門書の解説順からいえばポインタより前にあるであろう、変数、関数、分岐、ループ、(ポインタが絡まないシンプルな使い方での)配列や構造体)といった辺りは、知っている状態のほうが読み進めやすいでしょう。


【紙媒体】

【電子書籍】

更新履歴


------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------

C言語の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー