先頭へ戻る

『More Effective C# 6.0/7.0』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍C#

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
C# のベストプラクティスを学ぶ
レベル
中級~上級
5段階評価
★★★★★
出版日
2018年2月
こういう人におすすめ
C# で、効率や保守性なども考慮したより良いプログラミングを学びたい人。
ほかのプログラミング言語の Effectiveシリーズが役に立った人。
こういう本ではない
C# の文法機能やライブラリの基本的な説明はない(どういう機能かは知っている前提)
ISBN
978-4798153988

内容紹介

C# のベストプラクティスをまとめた本。

Effective C# 6.0/7.0』の続巻ではありますが、内容としては必ずしも続いているわけではなく、印象としては本書の方が難しめの機能を扱っていますが、こちらから(あるいはこちらだけ)読むことは可能です。また、日本語版の発売日としては、むしろ本書のほうが先になっています。

本書が対象にしている C# バージョンは、タイトルにあるとおり、C# 6.0~7.0 です。2021年10月現在、このバージョンはすでに少々古いです(最新は C# 9.0)。

ほかの Effectiveシリーズの本と構成は同じです。C# の各種機能を、効率よく、メンテナンス性も考慮し、適切にあつかう方法を、はまりがちな落とし穴にも触れながら、50項目にわけて解説しています。各項目の話題は現実的であり、中級レベルぐらいの人が読むと「そこまで必要なのか」と感じるほど、細かいところにまで詳細に触れられています。各項目は独立しているので、気になるところだけ拾って読むことも可能です。なお、原則として、C# の機能の紹介や解説は行っておらず、機能自体は知っていることを求められます。

本書では、C# のデータ型に関する話題、API設計の方法、非同期処理、並列処理、動的プログラミングといった話題が中心になっています。より基本的な機能(リソース管理、ジェネリック、LINQ、例外処理など)については、前巻の『Effective C# 6.0/7.0』の方にあります。

評価が高い Effectiveシリーズですが、本書の内容もとても良いです。個人的に『Effective C# 6.0/7.0』の日本語の文章はかなり読みづらく不満でしたが、本書はずいぶん読みやすいです。


【紙媒体】

【電子書籍】

関連書籍

更新履歴





C# の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー