先頭へ戻る

『Clean Coder』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍プログラマ

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
プロフェッショナルなソフトウェア開発者であるために
レベル
上級
5段階評価
★★★★
出版日
2018年7月
こういう人におすすめ
プロフェッショナルでありたい・なりたいと思う現場の開発者。
リーダー、マネージャーというキャリアにも興味を持っているプログラマー。
こういう本ではない
良いプログラムを書くための方法論とかテクニックを説明する本ではない。
むしろ、コードはほとんど登場しない。
ISBN
978-4048930642

内容紹介

プロのソフトウェア開発者であるために、あるいは、なるために。

※2012年に ASCII から出版された同名の本と同じ内容です。

良いプログラムの書き方、高度で効果的なテクニックといったものを書いた本 “ではありません”。むしろ、そういう話題はほとんど登場しませんし、コードも登場しません。

書かれているのは、プロフェッショナルな開発者として、あるべき “態度”、“心がけ”、“習慣” といったものです。総じていえば「プロ意識」ということでしょうか。第1章が、ずばりこのテーマで始まっています。

たとえば、突発的なトラブル、仕様の変更、厳しいスケジュール、顧客なマネージャからの急な(そして無謀な)要求といったプロの開発現場で起こる出来事に、プロとしてどのような態度で望むか。その考え方が述べられています。また、日頃の自己研鑽のような習慣の話が書かれています。

会社に所属する開発者でも、フリーランスの開発者でも、プロとしてソフトウェア開発に携わる人に勧めます。新人やそれに近いくらいの人には、実際の経験が少ない分、やや難しいかもしれませんが、読んでみて損はありません。

著者の Robert C. Martin は、執筆時点でプログラマ歴 42年を誇る大ベテランです(著書『アジャイルソフトウェア開発の奥義』などが有名です。リンク先は Amazon.co.jp)。彼が実際に経験してきたことについても書かれていますが、70~80年代頃の話題が多く、若い技術者にはあまりピンと来ないものが多いかもしれません(私もよく分からないことが多かったです)。また、同じ昔話が繰り返されることがある点がやや気になるかもしれません。


【紙媒体】

【電子書籍】

関連書籍

更新履歴





プログラマの参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー