C言語編 標準ライブラリのリファレンス HUGE_VALF

先頭へ戻る

HUGE_VALF

概要 float型の巨大な正の値。
ヘッダ math.h
形式 extern float _HUGEF;
#define HUGE_VALF _HUGEF
置換結果 正の float型の値。
詳細 数学系の関数の結果がオーバーフローしている際に、戻り値として返されることがある。
無限大を表現できる処理系では、このマクロを正の無限大とすることができる。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(int argc, char* argv[])
{
    float ans = powf( 100.0f, 1000.0f );

    if( fabsf(ans) == HUGE_VALF ){
        puts( "オーバーフローを検出" );
    }

    return 0;
}

実行結果:

オーバーフローを検出
関連 double型の HUGE_VAL と、long double型の HUGE_VALL がある。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/9 全体的に文章を見直し修正。

'2018/4/5 VisualStudio 2013 の対応終了。

'2018/4/2 「VisualC++」という表現を「VisualStudio」に統一。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS