C言語編 標準ライブラリのリファレンス truncl

先頭へ戻る

truncl関数

概要 小数点以下を捨てる
ヘッダ math.h
形式 long double truncl(long double x);
引数 x 対象の浮動小数点数。
戻り値 引数x の小数点以下の部分を捨てた結果。
詳細 小数点以下を捨てた結果を返す。floorl関数が行ういわゆる「切り捨て」とは、負の値ときの結果が異なる。
言い換えると、引数x に最も近くて、0 の方向の側にある整数を返す。例えば、3.1L や 3.8L に対しては 3.0L を返し、-3.1L や -3.8L に対しては -3.0L を返す。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void)
{
    printf( "%Lf\n", truncl(3.1L) );
    printf( "%Lf\n", truncl(3.9L) );
    printf( "%Lf\n", truncl(-3.1L) );
    printf( "%Lf\n", truncl(-3.9L) );
    printf( "%Lf\n", truncl(0.0L) );

    return 0;
}

実行結果:

3.000000
3.000000
-3.000000
-3.000000
0.000000
関連 float型バージョンの truncf関数と、double型バージョンの trunc関数がある。
なお、切り捨ては floorl関数、切り上げは ceill関数で行える。
解説章 第48章


参考リンク

更新履歴

'2018/5/26 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS