wmemmove | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

C言語編 標準ライブラリのリファレンス wmemmove

先頭へ戻る

wmemmove関数

概要 あるメモリアドレスを起点に、一定の文字数を別のメモリアドレスへコピーする。
ヘッダ wchar.h
形式 wchar_t* wmemmove(wchar_t* s1, const wchar_t* s2, size_t size);
引数 s1 コピー先の先頭のメモリアドレス。
s2 コピー元の先頭のメモリアドレス。
size コピーする文字数。
戻り値 s1 が返される。
詳細 基本的な意味は wcscpy関数と変わらないが、ヌル文字によって打ち切られることがない。
wmemcpy関数とは異なり、コピー先範囲とコピー元範囲が重複していても動作する。wmemmove関数の方が安全だが、通常、wmemcpy関数の方が高速かもしれない。
注意
使用例
#include <stdio.h>
#include <wchar.h>

int main(void)
{
    wchar_t s1[] = L"abcdefg";

    wprintf( L"%ls\n", wmemmove( &s1[0], &s1[3], 4 ) );

    return 0;
}

実行結果:

defgefg
関連 コピー先範囲とコピー元範囲が重なり合わない場合は、wmemcpy関数が使える。ワイド文字列のコピーならば、wcscpy関数wcsncpy関数が使える。
また、文字をマルチバイト文字とみなして同様の処理を行う memmove関数が存在する。
解説章


参考リンク



更新履歴

'2018/4/20 全体的に文章を見直し修正。

'2018/2/22 「サイズ」という表記について表現を統一。 型のサイズ(バイト数)を表しているところは「大きさ」、要素数を表しているところは「要素数」。

'2018/1/22 新規作成。



標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS