先頭へ戻る

『再発見の発想法』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍IT・コンピュータ

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
IT用語を日常生活に適用して、発想を広げる
レベル
入門~初級
5段階評価
★★★★
出版日
2021年2月
こういう人におすすめ
ただ知識を得るとことよりも、考えることを好む人
こういう本ではない
IT の知識や技術を学ぶものではない(IT用語を題材に発想を飛ばそうという主旨)
ISBN
978-4797395310

内容紹介

IT の用語を日常生活に適用して、新たな発想を得ようという本です。

IT系技術雑誌『Software Design』の連載記事(2021年3月現在、連載中)を加筆修正して、1冊にまとめたものです。

36個の IT用語を1つ1つ取り上げていくスタイルですが、なかなか特殊な主旨になっていて、技術的な知識を得ることを主目的としていません。取り上げた IT用語の意味を探ると、そこにはコンピュータを効率よく扱ったり、事故・間違い・攻撃を防いだりするための技術的な工夫や発想法があります。これらの洗練された発想は、日常生活にも適用できるのではないか(あるいはすでにされているのではないか)ということを考えてみようという内容になっています。著者の結城浩氏のこれまでの活動を知っている人には、結城先生らしいなと思える本ではないでしょうか。

IT用語としての技術的な解説も行っていますが、それほど技術に詳しくなくても読めるレベルにとどめてありますが、(さすがにまったくの知識ゼロではきびしいと思いますが)。とはいえ、それゆえにかえって丁寧な説明になっているともいえそうです。元々、易しく配慮ある解説に定評がある著者らしさもあります。すでに用語を知っている人でも、説明の仕方の部分が参考になるかもしれません。

著者の Webサイトで一部試し読みできます。


【紙媒体】

【電子書籍】

関連書籍

更新履歴





IT・コンピュータの参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー