先頭へ戻る

『数学文章作法』 (基礎編、推敲編) | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍ライティング

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
文章作成の方法に関するガイドライン
レベル
初級~
5段階評価
★★★★★
出版日
2013年4月
こういう人におすすめ
すべての文章作成者。
分かりやすい文章を書くために意識すべきことを知りたい、またいつでも再確認できるものを手元に置きたい人。
こういう本ではない
数学系の文章に限定されるような内容ではない。
ISBN
(基礎編)978-4480095251
(推敲編)978-4480095268

内容紹介

文章作成の方法に関するガイドライン。

ちなみにタイトルの読み方は「すうがくぶんしょう “さくほう”」です。

著者は、『数学ガール』シリーズで有名な、結城浩氏です。数学と執筆の分野を掛け合わせたようなタイトルですが、実際のところ、数学に関する文章(つまり数式を多く含むような文章)に限定される内容にはなっていません(もちろん関係する部分もありますが)。むしろ、コンピュータとかプログラムに関係する例文がよく登場する印象があります。

『数学ガール』のような小説タイプの文章の書き方や表現を学ぶものではなく、自分の考えを読者に正確に、読みやすく伝えるために必要なことをまとめた本です。2巻構成になっていますが、文庫スタイルで小さく薄いですし、2冊まとめて持っておきたい本です。

基礎編は(そのままですが)文章作成の基礎に関するものです。推敲編は(これもそのままですが)推敲に関するものになっています。推敲とは、文章を練ることをいい、つまり一度書き上げた文章を読み返して、文章構造とか表現を変えたり、必要に応じて削除したりすることも含むものです。誰かに読んでもらうきちんとした文章を作るためには、推敲編の内容も非常に重要です。

著者の Webページで試し読み版が見られます。


【紙媒体・基礎編】

【電子書籍・基礎編】

【紙媒体・推敲編】

【電子書籍・推敲編】

関連書籍

更新履歴





ライティングの参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー