先頭へ戻る

『情報数学の基礎』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍数学

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
最低限のレベルに抑えた情報数学の入門書
レベル
中級
5段階評価
★★★★★
出版日
2011年4月
こういう人におすすめ
数学がそれほど得意ではないプログラマー
こういう本ではない
ISBN
978-4627052710

内容紹介

コンピュータを理解するために必要な数学知識、つまり情報数学をあつかった入門書です。当然ながら、プログラマーにとっての重要な分野ということになります。

理工系の大学生向けということではありますが、「はじめに」に、

「これ以下の内容にはできない最低レベル」

と書かれているとおり、本当に入門レベルといえる内容になっています。しかし、説明を濁したり、数式を避けたりしているわけではありません。例題も豊富にあり、略解ではありますが、解答も載せられています。

扱われている内容の中で、プログラマーにとって直接的に重要なのは、「数の表現方法」「論理演算」の辺りでしょうか。付録の「コンピュータ内部の小数表現」も大して深入りしているわけではないですが、重要でしょう。そのほかに「集合」「写像」「関係」「述語」「数学的帰納法」といった内容になっています。

数学の本を読んでも、結局それがプログラミングやコンピュータにどうつながるのか分かりづらいことが多いですが、本書は章末ごとにコラムを設け、プログラミングやコンピュータのどういうものに関係するのかにも触れています。

情報系の数学を学びたいものの、本書のレベルでも厳しいというのなら、数式を極力使わず、数学的な前提知識を必要としない『プログラマの数学』をお勧めしておきます。


【紙媒体】

更新履歴





数学の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー