先頭へ戻る

Hello, Worldプログラム 解答ページ | Programming Place Plus C++編【言語解説】 第1章

Programming Place Plus トップページC++編

先頭へ戻る

C++編で扱っている C++ は 2003年に登場した C++03 という、とても古いバージョンのものです。C++ はその後、C++11 -> C++14 -> C++17 -> C++20 と更新されており、今後も 3年ごとに更新されます。
なかでも C++11 での更新は非常に大きなものであり、これから C++ の学習を始めるのなら、C++11 よりも古いバージョンを対象にするべきではありません。特に事情がないなら、新しい C++ を学んでください。 当サイトでは、C++14 をベースにした新C++編を作成中です。

問題①

問題① iostreamヘッダの機能を使う形で、実行結果が次のようになるプログラムを作成してください。

Hello,
World


たとえば、次のように書けます。

#include <iostream>

int main()
{
    std::cout << "Hello," << std::endl;
    std::cout << "World" << std::endl;
}

実行結果:

Hello,
World

std::endl に「改行」の意味が含まれているので、これで良い訳です。

std::endl には「フラッシュ」の意味も含まれているので、上の方法の場合、2回フラッシュしています。続けざまの出力なので、フラッシュは最後に1回行うだけでもいいでしょう。そのように考える場合、次のように書けます。

#include <iostream>

int main()
{
    std::cout << "Hello,\n";
    std::cout << "World" << std::endl;
}

実行結果:

Hello,
World

このように ‘\n’ で改行文字というルールは、C++ でも同様です。

書き方のバリエーションはまだまだあります。たとえば、次のような書き方はいずれも正しいです。

std::cout << "Hello,\nWorld" << std::endl;
std::cout << "Hello,\n" << "World" << std::endl;
std::cout << "Hello," << "\n" << "World" << std::endl;

問題②

問題② コマンドライン引数を1行に1つずつ、標準出力へ出力するプログラムを作成してください。


コマンドライン引数に関わる部分は、C言語と同じです。

#include <iostream>

int main(int argc, char* argv[])
{
    int i;

    for (i = 1; i < argc; ++i) {
        std::cout << argv[i] << std::endl;
    }
}

コマンドライン引数:

100 abc 2.5

実行結果:

100
abc
2.5


参考リンク


更新履歴

’2013/2/11 新規作成。



第1章のメインページへ

C++編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー