先頭へ戻る

暗号鍵 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

情報を暗号化するとき、暗号アルゴリズムに与える符号(文字列)のことです。

暗号鍵が異なれば、同じ平文に同じ暗号アルゴリズムを適用しても、作り出される暗号文は異なったものになります。そして、平文に戻すためには復号用のキーが必要です。復号用のキーを持たない人間が、何らかの手法を用いて平文に戻そうとする行為を、攻撃とか解読などと呼びます。

暗号化に使うキーと復号に使うキーが同一である暗号を共通鍵暗号(秘密鍵暗号)といいます。この場合、暗号化を行う側と、それを読ませたい相手とのあいだで秘密裏に暗号鍵を共有する必要があります。第三者に漏れてしまったら、情報を守る効果はなくなります。

一方、暗号化に使うキーと復号に使うキーが同一ではない暗号を公開鍵暗号といいます。同一ではないといっても、2つのキーはペアの関係性にあり、暗号化に使ったキーとペアになっている復号用のキーでなければ、平文に戻すことはできません(暗号化に使ったキーでも、平文には戻せない)。このタイプの暗号では、暗号化に使うキーを一般に公開し、自分充てに情報を送ってくる相手には、そのキーで暗号化することを求めます。復号用のキーを厳重に管理していれば、暗号文を平文に戻せるのは自分一人だけということになります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー