先頭へ戻る

平文 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

暗号化されていない状態のデータのことです。

「ひらぶん」と読まれることが多いですが、「へいぶん」でも間違いではありません(JIS規格には両方の記述がある1)。また、「文」とありますが、画像や音声など、テキストデータ以外も含まれます。

平文に対して、暗号化されているデータのことを暗号文といいます。

セキュリティの観点から、パスワードや個人情報といった重要なデータを平文のままネットワークに流したり、保存したりするべきではありません。


「プレーンテキスト」と呼ぶ場合もありますが、これは暗号化する対象として与えるデータ(暗号アルゴリズムへの入力データ)のことを指しています。すでに暗号化されているデータにさらに暗号化することは可能ですしあり得ることですから、プレーンテキストが(暗号化されていない状態のデータという意味での)平文であるとは限りません。

また、「プレーンテキスト」という用語は暗号とは無関係に、「コンピュータへ指示するための付加情報をもたず、人間にとって意味がある情報だけで構成されているテキストデータ」という意味合いでも使われます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー