先頭へ戻る

サブルーチン | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

何らかの処理を行うために必要なソースコードをひとまとめにしたものです。

関数とよく似ているか、あるいは実質同じものです。詳しい解説は、「関数」のページを参照してください。

ただし、プログラミング言語によっては、結果(戻り値)を返すかどうかによって、関数とサブルーチンを呼び分ける場合があります。その場合、結果を返すものが関数、返さないものがサブルーチンです。


サブルーチンの "サブ" の部分は、呼び出し元が「メイン(主)」であると考えたとき、呼び出される側が「サブ(副)」であることから来ていますが、サブを省いて、ルーチンと呼ぶこともあります。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー