C言語編 標準ライブラリのリファレンス getenv

先頭へ戻る

getenv関数

概要 環境から情報を取得する。
ヘッダ stdlib.h
形式 char* getenv(const char* s);
引数 s 検索する環境情報の名前。
戻り値 引数s に一致する情報があれば、その情報の文字列表現へのポインタを返す。失敗した場合には、ヌルポインタが返される。
詳細 実行環境が持っている情報を検索して取得する関数である。例えば、Windows環境であれば、環境変数のことである。
注意 戻り値の型に const は付いていないが、返されたポインタを経由して、文字列を書き換えてはならない。実際、返される文字列は定数(文字列リテラル)である。
有効なポインタが返された場合、そのポインタが指し示す先にある文字列は、次回の getenv関数の呼び出しで書き換わる可能性がある。
使用例
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
    char* str = getenv( "PATH" );
    if( str == NULL ){
        fputs( "環境変数の取得に失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    puts( str );

    return 0;
}

実行結果:

(省略)
関連 system関数は、実行環境に存在するコマンドプロセッサへコマンドを送ることができる。
解説章


参考リンク

更新履歴

'2018/4/20 「NULL」という表記を「ヌルポインタ」に修正。

'2018/4/9 「注意」に、2度目の呼び出しで文字列が書き換わる可能性があることを追記。

'2018/1/22 新規作成。





標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
rss1.0 取得ボタン RSS