先頭へ戻る

int_fast32_t | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る


int_fast32_t

概要

少なくとも 32ビットの大きさを持ち、最も速く処理できる符号付き整数型。

ヘッダ

stdint.h

形式

typedef signed int int_fast32_t;

詳細

少なくとも 32ビット以上であり、その処理系(用語集)において最も高速に処理できる符号付き整数型。

注意

「最も高速に処理できる」ことの基準は処理系に委ねられている。あらゆる場面において最速であることを保証するものではない。明確に最速であるといえる型をもたない場合、処理系は、32ビット以上の符号付き整数型という要求だけを満たす型として定義するだろう。

使用例

#include <stdio.h>
#include <stdint.h>

int main(void)
{
    printf( "%zu\n", sizeof(int_fast32_t) );

    return 0;
}

実行結果:

4

関連

同じシリーズに、int_fast8_t型int_fast16_t型int_fast64_t型がある。

また、符号無しの uint_fast8_t型uint_fast16_t型uint_fast32_t型uint_fast64_t型がある。

printf関数系の変換指定に使う文字列として、PRIiFAST32 が、scanf関数系の変換指定に使う文字列として、SCNiFAST32 の各マクロがある。

解説章


参考リンク


更新履歴

'2019/8/17 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー