先頭へ戻る

wcslen | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

wcslen関数

概要

ワイド文字列の長さを調べる。

ヘッダ

wchar.h

形式

size_t wcslen(const wchar_t* s);

引数

s

対象のワイド文字列。

戻り値

文字列s の長さ(文字数)。末尾のヌル文字は含めない。

詳細

末尾のヌル文字を含めない長さを調べる。空文字列 L"" の場合は 0 を返す。

注意

L"abc\0def" のように、途中にヌル文字を含む場合、途中のヌル文字までの長さを得る(この場合 3)。
返される値は文字数であって、大きさではないことに注意。大きさを知るには、返される値に sizeof(wchar_t) を乗算する必要がある。

使用例

#include <stdio.h>
#include <wchar.h>

int main(void)
{
    printf( "%d\n", (int)wcslen(L"abcdef") );

    return 0;
}

実行結果:

6

関連

マルチバイト文字列の長さを得るために strlen関数が使える。

解説章

第47章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/20 全体的に文章を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー