先頭へ戻る

エスケープ文字 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

エスケープシーケンスを開始するきっかけになる特別な文字のことです。

エスケープ文字が現れると、それに続く文字を、通常とは異なる特別な意味に解釈します。このような記法をエスケープシーケンスと呼びます。エスケープシーケンスは、文字列の中に、通常の方法では表記できない文字や、そもそも文字ではない機能(音を鳴らすなど)を入れ込むために使われます。

何がエスケープ文字であるかはさまざまです。たとえば、C言語や C++ などのプログラミング言語では、タブ文字水平タブ)を \t改行\n といったように、\ とほかの文字の組み合わせることでエスケープシーケンスを表記できます。ここで \ にあたるものがエスケープ文字ということになります。

プログラミング言語でのエスケープシーケンスの解説が、C言語編第8章新C++編 - 文字にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー