先頭へ戻る

右クリック | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

マウスのように、左右にボタンがあるポインティングデバイスにおいて、右側にあるボタンをクリックする操作のことです。

Windows では標準的な操作方法の1つになっています。役割は場面によって異なりますが、マウスカーソルが指しているものに応じて、現在の状況で可能な操作の一覧(コンテキストメニュー)を表示するようになっていることが多いです。

ところで、Windows の設定画面では、マウスの左右のボタンの役割を入れ替えることができます。おもに、左利きの人が操作しやすいように入れ替える目的があります。

左右の役割を入れ替えている場合、Windows は左ボタンのクリックを右クリックとし、右ボタンのクリックを左クリックとして扱います。そのため、右クリックというのは、論理的な意味での「右」であって、物理的な意味では「左」の可能性があります。Windows の設定画面では混乱を避けるためか、「左右」ではなく「主副」と記述されています。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー