先頭へ戻る

ソーシャルエンジニアリング | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

工学の一分野「社会工学」を英語でソーシャルエンジニアリングといいますが、このページでは、犯罪手法としてのソーシャルエンジニアリングを取り上げます。

解説

人間の心理や行動に生じる隙・油断・ミスをねらって、秘密にされている重要な情報を入手しようとする犯罪手法の総称です。

重要な情報を入力しているさまを覗き見るショルダーハッキングや、ゴミ箱に捨てられている書類などから情報を盗むトラッシング、身分を偽って電話などで情報を聞き出すなりすましなどがあります。

これらの方法は、技術的でない(コンピュータを使わない)ことが特徴的で、こういった手法だけをソーシャルエンジニアリングに分類することもありますが、フィッシングのように、技術的な面のある手法であっても、人間の心理や行動を突いたものであれば、ソーシャルエンジニアリングに分類することもあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー