先頭へ戻る

なりすまし | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

他人のふりをして、コンピュータネットワークWebサービスなどを利用して不正な行為をおこなうことです。

なりすましには、いくつかのかたちがあります。

1つは、ログインするために必要なユーザーIDパスワードなどを何らかの方法で入手(あるいは手当たり次第に試すなど)して、本当のユーザーのふりをしてコンピュータを利用することです。本当のユーザーでなければアクセスできない情報を利用されてしまい、個人情報が流出したり、金銭を引き出されたりといった被害につながります。このような行為は不正アクセスとも呼ばれます。

2つ目に、SNSブログなどでハンドルネームを偽って、他人のふりをした投稿をおこなう行為です。なりすまし対象のユーザーID やパスワードを入手せずとも、自身で適当なアカウントをつくり、ハンドルネーム(ニックネーム)やアイコン画像を他人と同じものに設定できるため、容易になりすましが成立してしまいます。特に有名人を騙るアカウントが次々につくられ、問題になっています。

3つ目に、電子メールなどのメッセージの差出人を偽ることです。差出人の名前が、利用している Webサービスや企業の名前などと偶然一致していたり、送信元のメールアドレスが本物とよく似たものであったりすると、そのメッセージ内に書かれた URL にアクセスしたり、質問に回答してしたりしてしまい、情報が引き出されます。このような詐欺行為はフィッシングと呼ばれています。

4つ目に、サイバー攻撃の手法として、IPスプーフィングと呼ばれるものがあります。送信元の IPアドレスを偽ることで、IPアドレスによるフィルタリング(IPフィルタリング)を回避し、不正アクセスを成功させようとするものです。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー