先頭へ戻る

要素 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

物事を構成している個々の「もの」を指します。

「要素」は一般的にも使われる言葉ですが、コンピュータ関連では、複数のデータが集まっている構造物において、個々のデータを要素と呼ぶことが多いです。

たとえば、配列木構造といったデータ構造を構成している各データを要素と呼びます(木構造では、ノードという呼び方をする場合も多い)。

また、HTML においては、文書の中でタグによって囲まれている箇所(タグも含む)のことを要素(HTML要素)といいます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー