先頭へ戻る

ユーザー定義型 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

データ型の分類の1つで、プログラマーが独自で定義する型のことです。

ユーザー定義型を定義する方法はプログラミング言語によって異なります。

方法の1つとしては、構造体クラスを使うことです。たとえば、長方形の大きさを表現するために、次のような構造体を定義することがありますが、これはユーザー定義型であるといえます。

struct Size {
    int width;
    int height;
};

もう1つの方法として、基本型に別名を与えるという方法があります(C言語の typedef、C++ の using など)。

C言語の typedef については、C言語編第26章を、C++ の using については、Modern C++編【言語解説】第8章を参照してください。

ユーザー定義型に対して、プログラミング言語が仕様として定義している型を基本型(組み込み型)などと呼ぶことがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー